勝ち組学生のスゴイ内定術 仲田志信 レビュー

このサイトは、キャリアコンサルタント仲田志信さんの「勝ち組学生のスゴイ内定術」のレビュー、効果、感想などの情報を公開しています。

勝ち組学生のスゴイ内定術 仲田志信 レビュー



詳細はこちらをクリック


10年以上にわたり、内定率97.8%の就職活動とは?


2011年度も「就職氷河期」と言われています。生半可な対策では、とても乗り切れないでしょう。


しかし、「就職氷河期」であっても、学歴やコネなしにすんなり内定をもらう学生も確実に存在します。一方で、連戦連敗の学生もたくさんいるわけです。


その違いはどこから来るのかというと、「適切な就職活動を行ったかどうか」です。


と言っても、人気のある就活本に従ってバッチリやりなさい、という事ではありません。それどころか、一般的な就活本に従って準備すると内定から遠ざかります。


なぜかと言うと、多くの学生が同じテクニックを使うので、企業の採用担当者から見ると「またこのタイプの学生か・・・」ということになって、印象が悪いからです。


そもそも、採用担当者も就活本をしっかりチェックしていると考えるべきです。そこに書いてあるのとよく似た自己PRや模範解答を行っても、「あそこに書いてあったアレね」となって逆効果なのです。


それでは、効果の高い就職活動とは何なのでしょうか?


それは、
採用担当者の本音に従った就職活動です。


企業の採用担当者は学生に決して本音を見せません。就職サイトや就活本に載っている採用担当者の言葉はほとんど建て前です。また、セミナーや説明会、面接で見せる採用担当の笑顔も作られたものです。実は、それらからはうかがい知る事のできない本音があるのです。


その本音を知っている人は誰でしょうか?


それは、人事・採用のコンサルタントです。彼らの仕事は、企業の人事や採用担当者にさまざまな支援活動を行うことですから、当然、採用担当者の本音を熟知しているのです。


優秀なコンサルタントになると、数多くの大企業・一流企業・急成長企業などの支援を行っています。ですから、個別企業の都合だけでなく、多くの企業に共通した本音や傾向も正確に把握しています。


仲田志信さんはそんなコンサルタントの1人です。東証・大証一部上場企業から急成長中のベンチャー企業まで、497社の採用プロジェクトを支援し、1,000人を超える経営者、取締役、人事部長、採用担当者などと「採用の本音」についてディスカッションをしてきました。取り扱う学生の応募書類も、毎年数万人に上っています。


このように企業の採用プロジェクトの裏事情を知り尽くした仲田さんが、今度は逆に就職活動の支援プログラムを提供しています。


「勝ち組学生のスゴイ内定術」


このプログラムの実践者の内定率は97.8%です。残りの2.2%の学生は不本意な結果になったのですが、その人たちに共通しているのは「一般的な就活本に従って体裁をつくろう様なやり方をしてしまった」ことです。つまり、「勝ち組学生のスゴイ内定術」に素直に従わなかったのです。


ちょっと考えればわかることですが、多くの人が負け組になるような競争では、皆と同じ事を行っていたのでは「既に負け組み」なのです。そのような競争に勝ち残るには「少数派」になるしかありません。


「勝ち組学生のスゴイ内定術」に従って就職活動を行うことは、「勝てる少数派」になることを意味します。なぜなら、このプログラムには一般の学生が知りえない企業の裏事情に関する情報が多く含まれているからです。


いまここに、「就職氷河期」においても「勝てる少数派」になれる方法があります。それを利用するも見送るも、あなた次第なのですが・・・。



詳細はこちらをクリック





このサイトは、キャリアコンサルタント仲田志信さんの「勝ち組学生のスゴイ内定術」のレビュー、効果、感想などの情報を公開しています。




社労士試験に122日で合格する勉強法 獅子原孝蔵 レビュー


28日やさしいロシア語講座 松平勝男 レビュー


即効性のある「TOEIC短期スコアアップ講座」 内容と効果


勝ち組学生のスゴイ内定術 仲田志信 レビュー 効果 感想